Écriture Online

音高

さて、吹奏楽っ子にもバンドマンにもDTMerにも関係の深い話題ということで、「音」そのものについて呟いていきたいと思います。中央のCの長6度上のAの音が440Hz前後だということは、どのジャンルの音楽人でも概ね共通認識を持っていると思いますので、ここから話を進めていきますね。

チューニングでよく耳にする440Hzですが、これは音波の周波数のことで、噛み砕くと1秒間に440回の空気振動が発生している状態です。ここから毎秒1回増えると441Hzに、さらにもう1回増えると442Hzになります。時代、地域、ジャンルによって様々ですが、国際標準は440Hzです。

「Aを何Hzに合わせるか」を演奏会では「コンサートピッチ」音楽制作では「マスターチューン」と呼びます。より張りのあるサウンドを得るため、国際標準を無視して442Hzやそれ以上に合わせる風潮があります。管・弦楽器は比較的気軽に調律できますが、ピアノなどは急には変更できませんよね。

周波数が倍になると音高は1オクターブ上がります。コンサートピッチが440Hzなら、そのオクターブ上のA音は880Hzです。コンサートピッチが442Hzならオクターブ上は884Hzです。でも普遍的でない周波数でオクターブ関係を表現するのは煩雑なので、他にもいくつかの方式があります。

音楽の授業で習うのは、日本式である「A440=一点イ音」という方式です。これはドイツ式の「A440=a1」を日本流にアレンジしたものですが、とにかくわかりにくくて、せっかく義務教育で学ぶのにまったく実用的でないんです。実際、学校以外で使われているのを見聞きしたことがありません。

現在、音楽制作畑を中心に最も普及しているのは国際式の「A440=A4(エーフォーと読みます)」です。この方式だとA4のオクターブ上はA5(エーファイブ)、中央のドはC4(シーフォー)、その半音下はB3(ビースリー)となります。ところが、明快なこの方式にも一つ困った問題があります。

YAMAHAなど世界的に有名な楽器・音楽ソフトメーカーのいくつかが、国際式の「A440=A4」ではなく独自の「A440=A3」という方式を採用しています。これが実に紛らわしい話で、YAMAHAクラスのメーカーだとそちらの採用方式で覚えてしまう人が多いんです(私もその一人でした)。

こういった事情から、絶対的な音高はノートナンバーという各音固有の番号で識別します。中央のドを「60」とし、半音上下するごとに±1します。つまりオクターブ上のドは「72」下は「48」です。でも、曲の旋律となると番号では感覚的に捉えられないので、やっぱり五線譜ってすごい発明ですよね!

2017/12/31:  楽典
≪ 音度     倍音 ≫